ビタミンコスメ 美顔器

エンビロンDFモバイルを使い込もう(VCJD17)

エンビロン、ピュールボーテ、ベルファーレ、などなど多くのビタミンコスメを使ってきた【ビタミンコスメ・ジャングルディープ記事(VCJD)】の次なるターゲットは、美顔器のひとつ、エンビロンDFモバイルです。

これもまた興味深々です。なぜ美顔器かというと、それはダーマローラーの説明文の事がずっと気になっていたからです。そこには、【塗られた化粧品のほとんどは角層を越えて浸透することはできていない】というくだりがありました。塗ったものの3パーセントも浸透していない・・・だから【ニードリング】して穴をあけてしまいましょう・・これがダーマローラの考え方です。
美容液に含まれる成分の浸透性を高める方策は、【ニードリング】以外に、角層を酸で溶かしたり解して浸透力を高める【ケミカルピーリング】、成分を電気的な力で浸透させようとする【イオン導入】、超音波をあてることで微小な気泡の動きを発生させて成分の浸透を促進する【超音波導入】があります。

DFモバイルはイオン導入超音波導入を同時にできる

エンビロンのDFモバイルは、このうちイオン導入(イオントフォレーシス)と超音波導入(ソノフォレーシス)機能を併せ持った製品です。
この記事では、このDFモバイルの原理と使い方、そしてコスメトークならでは(笑)の【こんな使い方もどうでしょう】と楽しく進めていこうと思います。

イオン導入って何?超音波導入って何?

ゆうらく
なおちゃんこんにちは~。今日はちょっと理屈っぽい話しから入りますよ~。
なお
頑張りんこ!
ゆうらく
ははは、いいですね!今日は、成分の話じゃあなくって、メカの話です。もう使いはじめちゃってるDFモバイルの話です。
なお
はい、きゅるきゅる音を出してビタミン注入しています。
ゆうらく
はい~、DFモバイルはビタミンだけでなく、いろいろな成分を肌の奥の方へと導いていくためのツールです。
で、モバイルが成分を導いて浸透を促進する方法が
【イオン導入】(エンビロンはイオンとフォレーシスと呼んでいます)と
【超音波導入】(同じくソノフォレーシス)という二つの方法です。
DFモバイルはこの二つの方法を併せ持っています。まずは、この二つの方法の理屈を説明しましょう。
なお
はい、お願いします。
ゆうらく
といっても、実はそんなに難しくないんですよ。
イオン導入
なお
まずは、イオン導入の方から知りたいです。
ゆうらく
はい、なおちゃんは磁石って知ってますよね。磁石ってNとSは・・・
なお
引き付けあいます。で、NとN、SとSは跳ね除け合います。
ゆうらく
そうですそうです。で、それと同じような力が+と-の電気を帯びた物質の間にも働きます(ここでいう電気ってのは帯びる電気で流れる電気ではないです)。

 

なお
静電気って呼ばれる電気ですね。髪の毛に溜まってしまう!
ゆうらく
それですね。だから髪の毛の表面にプラスの電気がたまってしまうと、お互いを跳ね除け合うのでまとまりのない爆発的な髪の毛になってしまいます。これを防ぐためにコンディショナーの中に静電気を防止する成分を入れたりします。帯電防止剤とかいいます。

なお
要するに、(+)と(-)の電気を持つものは引き付けあって(+)と(+)の組み合わせ、(-)と(-)の組み合わせでは離れようとするのですね。

ゆうらく
だから、例えば、肌に塗りつけたビタミンCがマイナス(-)の電気を持っていたら、(-)の電気を持っている棒かなにかを近づければどうなりますかね。
なお
ビタミンCは逃げていきます。肌の奥の方に

ゆうらく
そうですね。棒っていうのはDFモバイルなわけです。ビタミンCは全部ではないのですが、いち部はマイナスの電気を帯びたイオンになるので逃げてきます。すごく大雑把な説明なのですが、(+)イオンや(-)イオンのような電気を帯びている成分は、この静電気の力を使って動かすことが出来るという原理です。

メモ

ここで注意!
いま、ビタミンCはマイナスと言いましたが、そうだと言い切っていいかどうかが分かりません!油性のビタミンC誘導体などは乳化して油滴をつくっているかもしれません。油滴をつくる場合、その油滴の表面の電気はマイナスとはなっていないでしょう。これは調べてみないと分かりません。同じことがビタミンAではもっと顕著に言えると思います。エンビロンはDFモバイルのP1モード(後述)を使えと言っているので、それからすると乳化したレチノールの油滴はプラスの電気を帯びているのかもしれません。ちょっと難しい話しですみません。

超音波導入
なお
それでは超音波導入はどんな理屈なんですか。
ゆうらく
超音波ですが、割と身近で洗浄に使われているんです。眼鏡を洗うときや歯の歯石を取り除くのに使われています。
なお
あの、キィーっている音のする棒みたいなものですか?
ゆうらく
そうですね、眼鏡の洗浄器は水槽になっていて、そこに眼鏡を沈めて超音波をあてるとびっくりするくらいきれいに汚れが落ちます。これ、動かしてるときに覗いてみたことありますか?
なお
ないですね~、眼鏡してないんで(笑)。
ゆうらく
やぱり同じようにキィーというような音がしてるんです。で、その眼鏡洗浄の水槽を覗いていると水の中に小さな気泡が発生してるのが見えます。普通は水の中に気泡が生じると、気泡は水面に浮きあがってきてしまいます。でも、この気泡は浮いてきません。よく見ると、細かく振動してるのが分かります。ダンスしてるみたいです。結構長く見ていても飽きないんですよ~。
なお
そうか、それで超音波あてられるとダンスはじめるんですね、ビタミンAが。
ゆうらく
ビタミンAだけでなく、すべてのものを振動させるようです。

その振動は、例えば地震の時の液状化のような効果をもたらして、肌の中に成分が通ることのできる道をつくるのだそうです。

角層表面から内部へと成分を通すようなミクロの穴をあけるというのです。

つまり、簡単に言うと

超音波は肌の中に成分の通り道を作ってくれるのです。

なお
揺さぶられて地面から水が噴き出てくるイメージと思えばいいんですね。
ゆうらく
はい。実際には肌から何かが出てくるわけではありません。通り道が出来るだけです。道と言いましたが、水の流れる川のようなものと思えばいいようです。浸透させる度合いは通常の1000倍であるという記述もスキンケアブックにはあります。使う超音波のエネルギーも小さいエネルギーです。それでも、DFモバイルでは3分後くらいからしばらくの間、その通り道が成り立っているというのですから、一定の領域を3分くらい移動して当て続けてから、スキンケアをはじめると良いのかもしれません。
なお
当て続けなくてもいいのですね。
ゆうらく
DFモバイルを当てている最中に水分がなくなってしまうのはダメですが、3分経った後からじっくり塗るというやり方もありそうです。液が切れたらどんどんつぎ足さなくても、水気を補充して、あてた後から美容液をしっかりハンドプレスでもいけそうです。
実はイオン導入はモバイルを使いはじめてから8分くらい経過しないと浸透していかないとの事なので、普通に当てているとまずは超音波浸透がはじまり、その後からイオン導入が付いてくるという感じみたいです。このあたりは、コスメトークでもいろいろ試してみたいなと思っています。これは応用編の記事を書かないといけないかもです。
なお
そうなんですか。美容液を塗っといて、そこにDFモバイルをかけて浸み込ませていくっていうっていうイメージじゃないんですか。
ゆうらく
あっ、そうですね。最初の3分はあまり入っていかないから、その間に干からびてしまったら無駄かもしれないです。最初は切れなければ水だけでもいいですね。このあたりは、ハンドブックにも書いてありますが、エタノールやラウリル硫酸ナトリウム洗剤、リノール酸、プロピレングリコールなどがあると、穴が開きやすいそうです。エタノールは皮脂がやられてしまうし、洗剤もこれはバリバリの合成洗剤なので食器洗ってるんじゃないからな~、となるとプロピレングリコール入りの化粧水あたりがいいかもしれません。それで、じっくりかけて3分後にレチノール塗るとかVCエチル塗るとかね、その方がいいですね!無駄が少ない!
なお
コスメトーク、結構役立つ!(笑)
ゆうらく
(笑)!あとですね、これがDFモバイルをホームケアで使うことのメリットでもあります。だって、右頬だけ3分でケアして、左で3分でケア、おでこに3分でケアってものすごく時間食う。でも、家にあれば今日はおでこ~、明日はホホ~ってやってける。ホームケアならではですよね。
なお
なるほど~。
ゆうらく
ちょっと長くて疲れましたね~。それではここで、DFモバイルの使い方基本編行きましょう。

DFモバイル使い方基本編

DFモバイルどんなもの~?にお応えするには動画でしょうというわけで、醜くくありますがご説明申し上げました(笑)。買えば分かる事ばかり、動画スルーでもOKです。

動作モードP1~P5について

ゆうらく
さて、DFモバイル、動画でも触れましたが5つの動作モードがあります。5つあるのですが、エンビロンから購入できる美容液の場合、使えるのはP1、P3だと説明書にはあります。2,4,5を使う製品はないとの事。
なお
P1~5って何が違うのですか?
ゆうらく
はいはい、これはDFモバイルの先端の円柱形の銀色の電極がプラスの電気を帯びるかマイナスの電気を帯びるか、または電気は帯びないかという違いです。下のような違いです。・)))のマークは超音波です。

ゆうらく
そうすると、使うのはP1か3ですが、3はペースメーカー装着などの電流が使えない人のケースなので、基本的にはエンビロン製品はP1で使う!という事になります。

またもや、ちょっとみにくいのですが、P1~5の違いをしらべてみました。

ゆうらく
というわけで、原理的に言うと、P4も使えるという事になりますね。例えば、リノールサラダ油を塗って(これだと乾燥してしまう心配がない)P3で肌を解し5分もぐるぐる動かせばいいでしょう)、そのあと洗顔してから312セラムを塗ってじっくり10分以上水を補給しながらP4でマッサージという感じでもいいのかなあと思います。このあたりは、まだコスメトークでは試していませんので、なおちゃんと相談しながら試してみたいと思います。 それと、私には、これならビタミンC誘導体の中では安めのAPS(APPSではないですよ、それは高い(笑))を保湿成分と混ぜてP2ってのがいいような気がしています。でも、がっつりCが入ると乾燥しますからね、肌が、そこは気がかりです。

さて、今回は基本編という事で、ここまでです。

次回は、こうしたらどう?ああしたらどう?なども含めてチャレンジ編をお送りしたいと思っています。あくまで予定ですが・・・だって、とうとうなおちゃんが・・・続く

coen公式ファッション通販 ELLE SHOP(エル・ショップ) YOOX.COM(ユークス) AIGLE

-ビタミンコスメ, 美顔器,

Copyright© 美容と化学の楽しいコスメ トーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.