ヘアスタイリング

ファンケルのシャンプー2タイプを比較

ファンケルのマイルドクレンジングシャンプーとボリュームアップシャンプーを比較

無添加の看板を立てているファンケルのシャンプーには「マイルドクレンジングシャンプー」と「ボリュームアップシャンプー」そして「乾燥敏感肌ケアシャンプー」があります。

今日はこのうち「マイルドクレンジングシャンプー」と「ボリュームアップシャンプー」の使用リポートをご覧いただこうと思います。

それでは、石けん洗髪歴30年のゆうらく氏、お願いします。

ゆうらく「はい、みなさんこんにちは。石けん洗髪プラス~ですよプラス、ノンリンス、ノンコンディショナー歴30年ですからね~。だから何?・・・はい、シンプルにシャンプーの効果を見ることが出来ます。まあ、そんなことはおいといて、なおぴょんミッションで一昨日マイルドクレンジングシャンプー(以降マイクレと略)で洗髪。昨日は石けんで十分に洗髪、そして今日ボリュームアップシャンプー(々アップと略)で洗髪。その使用感と・・・あんまり見せたくないんですが写真(えっ・・見たくもないですか・・・まあ、そうですよね)でリポートします。」

なおぴょん「トーク形式って前置きがどうしても長いですね。あいの手を控えますので語ってください!」

ゆうらく「は~い、それではまず洗髪したあと、頭の表面の水分だけ軽く取り除いた写真です。(以降ゆうらくです。)

ファンケルシャンプー1

どちらもシャンプーで洗ったあと、頭部左半分だけコンディショナーを擦り込みました。ちょっと短時間で濯いでしまった感があるのですが、長く置いた場合のリポートは可能なら後ほど。

マイクレの使い心地

使い心地ですが、マイクレは洗髪時からすべすべつるつるです。とてもつるつるで髪の毛が指に絡まることがありません。髪の毛を濡らすと水が接着剤となって髪の毛の束をつくります。マイクレの髪の束は髪の毛の表面に吸着したシャンプーが表面をつるつるにしれくれているので束がしなやかでやわらかいです。束はきれいに放物線を描いています。

アップの使い心地

いや~マイクレの使い心地があまりにもつるつるだったので、アップをつけた途端に剛直になった髪の毛に面食らいました。本当にびっくりしました。簡単には手櫛が通りません。髪の毛の1本1本が太くなったかのような感覚で髪の束もほぐれません。剛直な髪になったようです。でも、頑張って手櫛を通しながらよく濯ぎました。左半分にコンディショナーです。

タオルドライやドライヤーを使っていません。自然乾燥で変化を記録しました。

髪の毛の柔らかさは写真では伝わりませんが、マイクレはくにゃりでアップはぼたりって感じです。さらに乾燥を待ちました。

かなり乾いては来ましたが、実際にはまだしっとりしています。特筆すべきは、アップの分け目ですが、シャンプーした時にどんとまとまって束になったのですが、その時に偶然出来てしまった分け目がこの時点でもしっかり残っています。アップを使うときはシャンプー時のスタイル作りが結構残せますので、自分が思うスタイルにシャンプー時に整えておくのが結構いいかもしれません。もっとも、僕はタオルドライとかしてませんが。すくなくとも、分け目はシャンプー時に決まると言ってもいいくらいです。

その日のうちに自然に乾燥状態までもっていきました。

僕のもともとの髪の毛の癖が強く出てきているのがアップです。逆に癖が取れているのがマイクレです。ボリュームが全然違います。アップのネーミングに偽りはありませんね!

翌朝

さて、翌日起きてブラッシングはしました。アップは洗ったときに出来た束の接着水が多めではないかな、かなり櫛通すのに力がいりました。どちらも一回櫛を通してしまうと櫛撮りはスムースです。今は梅雨時ですが、アップはボリュームが夕方まで持続しています。もっと持ちそうです。

かなり違いますね。じぶんではそんなに気がつきませんでしたが。

ゆうらく「なおぴょん、ご静聴ありがとうございました。今度は僕が聴く番ですかね~。」

なおぴょん「どうでしょう。写真はちょっとナ~。」

ゆうらく「でも、比べてみると結構商品のキャラがはっきりします。おもしろかったです。これで白髪が減るといいんだがな~。シャンプーでそれはないか~。」

それではまた!あっ、商品リンクは以下です!





-ヘアスタイリング,
-

Copyright© 美容と化学の楽しいコスメ トーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.