コロナ対策

エタノールより安価で安全な次亜塩素酸水

ルピクリン

最近よく聞く次亜塩素酸水って何?

今話題のコロナウイルス、いよいよ緊急事態宣言から外れる自治体も出てきて、感染対策を行いながら営業再開となっているお店も多いと思います。
その感染対策として、言われているのが多くの人がふれる場所の消毒です。
消毒というと、消毒用エタノールを思い浮かべる人が多いと思います。しかしながら、どこのドラッグストアに行っても消毒用エタノールは品切れ。もし、あったとしてもかなり高額です。本サイトでも、トゥヴェールが消毒用エタノールをつくることが出来る無水エタノールをご紹介しました。が、少量で結構な値段です。これは、エタノールがお酒と同じように高い税金を価格に含んでいるためです。また、消毒用エタノールは火が付きやすく管理も気を使います

この問題に対して自治体でも配布を始めている次亜塩素酸水消毒液として用いられていることはご存知の方も多いのではないでしょうか。

次亜塩素酸水って危なくないの?

結論から言うと、危なくありません

むしろエタノールより安全、もちろんアレルギー的反応を示す可能性はゼロではないと思いますが、その可能性は消毒用アルコールよりもはるかに低いと思われます。

でも、次亜塩素酸ってプールに入っているあれじゃないの?
塩素って、体に悪いでしょう・・・と、
【次亜塩素酸】という言葉から危険性有毒性を感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

そういう連想するもの無理はありません。プールに入っていて、髪の毛を脱色してしまったり、肌が荒れてしまったり、かさついたり、それはプールに入っている【次亜塩素酸ナトリウム】のせいですから。

【次亜塩素酸】【次亜塩素酸ナトリウム】って、どう考えても似た名前ですからね。次亜塩素酸はHClO次亜塩素酸ナトリウムはNaClOです。化学式も似ています

でも!その性質はまったく異なります

次亜塩素酸が含まれる次亜塩素酸水は弱い酸性

次亜塩素酸ナトリウムはかなり強い塩基性です。

次亜塩素酸水には脱色作用。漂白作用はありませんが、

次亜塩素酸ナトリウムには脱色作用、漂白作用があります

これは次亜塩素酸ナトリウムが結構塩素をたくさん発生するのに対して、弱酸性をキープしている次亜塩素酸水塩素を少ししか

発生しないせいです。

そして、次亜塩素酸水は薄い塩酸を電気分解して短時間で大量につくることが可能、税金もかかりません。
コスト負担小さいために自治体が配布しやすいのもそういう理由です。

それでいて、次亜塩素酸水の殺菌力は次亜塩素酸ナトリウム水より大きいのですから、
完全に次亜塩素酸水の勝ちです。

難点は、フレッシュなものを使った方が良いという点です。太陽光線に含まれる紫外線であっというまに殺菌力を失ってしまいます。このあたりは、プールの塩素がすぐ抜けちゃうのと事情は一緒です。

おそらく、次亜塩素酸水も供給不足になっていくと思いますが、きちんと生産されれば、しばらくの間は殺菌の担い手として活躍してくれると思います。

もし、お近くで入手できないようであれば、早めに下記へです。

太陽光で、どんどん効果が減衰しますので、一番小さな量をこまめに購入がオススメです!

ルピクリン

 

coen公式ファッション通販 ELLE SHOP(エル・ショップ) YOOX.COM(ユークス) AIGLE

-コロナ対策

Copyright© 美容と化学の楽しいコスメ トーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.