ピッカリお肌・スキンケア 化粧品

美白追求のふたつの道 / メイミーホワイト60の場合

メイミーホワイトの美白の方法

ゆうらく「コスメで肌の白さを追い求める場合、以前紹介したハイチオールCのようなメラニンを分解したりメラニンをつくり出すメラノサイトに働きかける方向と・・・」

なおぴょん「はいはい、ハイチオールCですよね。ホントにずっと使ってるんです。」

ゆうらく「なおぴょん、ホントに肌、白いもんねえ~。こないだ、基本のお化粧プロセスを教わったじゃないですか。その時の動画でなおぴょんの手の甲のアップ撮ってたんですけど、それを編集するときにまあよく見たわけですけど、塗る前から結構白いですよね。これは白雪姫の手だよなって思いました。映画館で見る白雪姫の手みたいだなって。」

なおぴょん「内側から白くなるっていうアプローチですよね。」

ゆうらく「それに対して外側から白くなるって云うのもありですよね。平安朝のおしろいの考え方ですよね。でも、平安朝のおしろいって結構怖いんですよ。あれは鉛だから。酸化鉛の白ってほんと輝くような白ですが鉛なので毒性ありです。で、今は酸化亜鉛使ってるんです。亜鉛なら細胞分裂促進効果あるくらいなんで傷薬の軟膏にも含まれているので大丈夫かなと。そして亜鉛以外に使われているものにチタン(酸化チタンですね)があります。これまた白い。酸化チタンも輝く白です。このチタンを使った商品が「メイミーホワイト」です。微粒子を皮膚表面のひびのような溝に入り込ませて汚れを除去、残留する微量の酸化チタンで白さを速攻チャージですね。いろいろな白雪姫になる方法があるものですね!」

-ピッカリお肌・スキンケア, 化粧品

Copyright© 美容と化学の楽しいコスメ トーク , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.