ビタミンA(レチノール) ビタミンC ビタミンコスメ ビタミンE 美白

ビタミンジャングル2/エンビロンどれを使えば?

エンビロン【モイスタ】【モイワン】後

先々週になおちゃんにエンビロンの「モイスチャースタートセット(モイスタ)」「モイスチャー1(モイワン)」を渡して使ってもらったら、絶賛あっという間に使い切り。ここはさらに一発エンビロンで行こうと誰かが耳元で囁いたらしい・・・。

なお
特に、モイスチャーワンは、つけた瞬間に肌がパーンと張る感じです。もう、なんで今までレチノール入りの使ってこなかったんだろう~。今まで頑張ってたのは何だったの~って感じです。
ゆうらく
いやあ、そんなに違いますか~。トゥヴェールのビタミンCとEの手作りはイイ線いってたと思うんですが、それをポンと超えちゃうんですねえ~。
なお
R3の事ですか?(注;R3はゆうらく手作りブレンドの美容液です)確かにあれはイイです。それに近いのがモイスタの方ですね。うるおいとツヤを求めてるならどちらも合格点だと思います。でも、モイワンのジェルからクリームへと使っていくと上には上があるなって。
それで、エンビロンのモイスチャーシリーズのレチノールの濃度が高いものを買ってみたんです。

最初から濃度アップしてしまいました

ゆうらく
レチノール濃度を上げるには段階的に行うプログラムが存在するようですが、最初から濃度を上げたのですね。使ったものはどれですか。
なお
モイスチャージェル2モイスチャークリーム4です。トナーはフォーカスのモイストプラスのトナーです。加えて、フォーカスのフラウンセラムですね。このフラウンセラムは私がとても参考にしているnanaさんのブログに出てたのでどうしても使ってみようと思ったんです。

※矢継ぎ早にいろいろな商品名を出してしまいましたが、後程整理します。

ゆうらく
モイスチャージェルの2番とクリームの4番はどちらもそのシリーズの最高濃度ですね。いわゆるレチノール反応、A反応というのは出なかったのですか?
なお
レチノール(これがビタミンAなのですが)を使う場合、特に初めてだと『皮膚が赤くなったり、皮が剥けてしまったり痒くなったり』という事が起こる場合があります。多くの場合しばらく経つと収まって出なくなることが多いのですが、レチノール反応とかA反応とか呼ばれています。私は以前トランスダーマAというビタミンAの化粧水を使ったことがあるので初めてというわけではないんです。でも、ダーマの時も火照ったけど赤くはなりませんでしたね。
ゆうらく
皮膚が強いのでしょうかね・・・そうか、トランスダーマにはCでなくてAもあるんですね。
なお
ただ、まったく出なかったというわけではなくて、塗ったらオデコはピリピリするし、皮膚が乾燥してちりめんシワみたいなのが出てしまって、結構焦りました。モイスタとモイワンで凄くいい感触を得ていたのでがっかりでした。でも、【乾燥+エンビロン】でググったら、同じような人がたくさん出てきました~。その日は保湿をしっかりして休みました

で、翌朝ですよ。鏡を覗いたらツルツルピカピカ、赤みもなくツヤツヤでちりめんシワは消えましたあ~よかった!

 

ゆうらく
全くですよ!そのちりめんシワが消えなかったらどうするつもりだったんですか~。
なお
とかなんとか言いながら、そこに持ってきたのは何ですかね!

ゆうらく
うっ、そ、それは・・・
なお
もっと濃いやつぢゃあないの・・・しょうがないですね、一応試してはあげますからね・・・(もっともモイ4より濃いかどうかは分かりません(^^;))
ゆうらく
なんだか、展開が予想と異なるが・・・はい、お願いいたします~。

エンビロンの製品のキャラクター整理(コスメトーク流);

ここで、コスメトーク流ではありますが、エンビロンの製品のキャラをまとめて、次に使うエンビロン製品を検討する参考にしようと思います。まあ、どれ使ったらいいんじゃい?となった時の参考になればという事です。
コスメトーク流といったのは、成分から各製品を見ている点ですね。
実は、エンビロン製品のまとめとして、ご自身の肌の状態から選ぶ際の指針は、優れたページが存在します。なおちゃんが参考にしてるnanaさんのエンビロン総集編の記事はこちら

ビタミンAの基礎スキンケア製品はモイスチャーシリーズ(オレンジ色)

エンビロンでは基礎スキンケア製品群をベーシックスキンケアレンジと呼んでいます。
そのベーシックスキンケアレンジのひとつがモイスチャーシリーズで、オレンジ色の帯の入ったチューブに入っています。

なお
体内でビタミンAになるベータカロチンの色!ニンジン色ですね!
ゆうらく
ぴんぽ~ん(注;コスメトークが勝手にそう思っているだけです(^^;)

モイスチャーシリーズには、【トーナー】【ジェル】【クリーム】があります。

*【トーナー】乳酸やクエン酸を用いて角質をリフレッシュする意味合いがあります。

*【ジェル】は、ビタミンAを含む水分の供給と保湿を目的とする化粧水

*【クリーム】は、ビタミンAを含む水分の保持と保湿を目的とする乳液

 

ジェルとクリームでは含有ビタミン量レベル数字で表示しています。
ジェルが1か2の2種があり、クリームが1から4の4種類です。

エンビロン製品はすべてビタミンAを含むのではありません
公式ページによると以下の製品がビタミンAを含んでいるようです。
モイスチャー シリーズ製品、モイスチャーオイルカプセル、C-クエンスアイジェル、Cークエンスセラム 1,2,3,4+、C−クエンスクリーム+、Aーブーストセラム 1,2、ボディクリーム、モイスチャーACEオイル

※また、公式ページに表記されているレチノール反応には以下のようなバリエーションがあるようです。
赤み、ほてり、乾燥、腫れ、かゆみ(むずむずする)、ニキビ、吹き出物の一時的な活発化

ベーシックスキンケアレンジ最高のエンビロンはCクエンスシリーズ(紫色)

ゆうらく
Cクエンスシリーズモイスチャーシリーズと同様にエンビロンのベーシックスキンケアレンジのシリーズです。値段を見れば分かりますが、なかなかお高いモイスチャーシリーズよりさらに立派なお値段です。
なお
口コミ絶賛系が多いので悩ましいです。でも、ガマンできませんでした、結局(笑)。

Cクエンスシリーズに含まれるのは【トーナー】【目元ポイントケア】、で、「ジェル、クリーム」ではなくて【保湿セラム【保湿クリーム】【保湿クリーム+】の5つとなっています。
セラムというのは血清という意味ですがこれは細胞間に存在する液体というような意味合いです。給水という機能的意味ではジェルと同じと考えていいでしょう。

クエンスシリーズのビタミンA含有製品は、ビタミンA、C、Eに加えてスキンケアに効果的といわれているいろいろな【ペプチド】を含む点モイスチャーシリーズと異なる点です。

エンビロンの得意技

ゆうらく
クエンスシリーズだけに限りませんが、エンビロンの得意技のひとつはペプチドなんですよ。
なお
ビタミンAっていうのも得意技ですよね。
ゆうらく
あ、はい、【ビタミンAとCとEを組み合わせる事】【ビタミンAの量を段階的にコントロールしてレチノール反応を抑えるところ】も得意技です。
なお
ゆうらく氏、もうひとつあるんですよ~、ふふふ。
ゆうらく
えっ?もうひとつですか?ヒアルロン酸も組み合わせるところかな・・・。
なお
いんや・・・。まあ、それは置いといて、製品の整理を続けましょう!。
ゆうらく
そうですね、

Cクエンスシリーズの製品は

【トーナー】、【目元ポイントケア】【保湿セラム】、【保湿クリーム】、【保湿クリーム+】の5つです。このうち

トーナー【Cクエンストーナー】にはビタミンBとペプチドが含まれています。ビタミンBパンテノールはホワイトニング効果が話題になりました。このトーナーには乳酸やクエン酸は含まれていません。

【Cクエンスセラム1~4+】は保湿セラムの事ですが、ビタミンA、C、Eペプチドが豊富に含まれています。

※製品が届く前なのでHPから画像をお借りしました。

フォーカススキンケアレンジはエンビロンの中軸のメイン製品

エンビロンには、【ベーシックスキンケアレンジ】に対してピンポイント狙いの【フォーカススキンケアレンジ】製品群があります。
これには主に
【モイスチャー+シリーズ(ホットピンク)】
乾燥肌がターゲットオイルに油溶性成分を高濃度配合

【ヴァイブランス+シリーズ(バイオレットレッド)】
肌の加齢トラブル対応ハードなケアを行うための製品群

【スキンテック+シリーズ(インディゴ)】
ローラーやスタンプの針を用いたケアのための道具

【エヴァネッセンス+シリーズ(スティールブルー)】
ブライトニング集中ケアのために

の4種類です。

ゆうらく
以上でとてもシンプルでしたが、特徴をカンタンに整理してみました。なおちゃん、次に使ってみたい製品が閃いてきましたかね?。
なお
はい、悩んでますけれど、ビタミンAはある程度の濃さがあればいいかなと思っていて、でも、そこにペプチドを加えたもののパフォーマンスは体験してみたいです。それと、もうひとつのエンビロンの得意技も体験してみたいです。

超えられない0.20mmを貫く・・・

ゆうらく
そうですよ、続きを話してくださいよ~、さっきのもうひとつのエンビロンの得意技です。
なお
ゆうらく氏、調べていて気が付きませんでしたか?
ゆうらく
多分ですね、フォーカスのモイスチャープラス、ヴァイブランスのフラウンセラム、それとACEオイルですね。今あげたのはみんな・・・
なお
そうです、ロールキットを使える製品ですね。
エンビロンの創始者であるフェルナンデス教授はダーマローラーを使った経皮コラーゲン誘導療法というのを確立しているんです。
ダーマローラーはとても短い針のついたローラーです。このローラーで角層に穿孔して化粧品成分を角層を通り抜けて肌内部に届ける事でいろいろな美容効果を得ようとするのです。
現在では、いろいろなところでローラーの購入が出来ます。併せてクリームを塗って成分の角質への浸透をしっかり行う事で美容効果を得ています。自分で行っている人も多いんですよ。
ゆうらく
しかし、短いとはいえ針で刺すわけですよね。平気なんでしょうか。
なお
0.25mmまではあまり痛さもないようです。実際、エンビロンではローラーとクリームを売っているわけで、それを買えば誰でもできます。先ほどの3つの製品の使用法にローラーをつかうと良いとも書いてありますからね。
実は、今日も、0.5㎜のローラーを持ってきてるんです。

ゆうらく
お~、ホントにとげとげが出てる~。
なお
0.5㎜以上になると痛いようです。
ゆうらく
じゃ、これは痛いんですかね。どれ、ちょこっと当ててみよう。あ~ちくちくはしますね。でも、これは皮膚にあてても皮膚が凹みはするものの、すべて刺さってるようには思えないなあ~。
なお
ローラーを縦、横、斜めって転がすんですよ。
ゆうらく
男子の分厚い面の皮ですからね(笑)。ちょっと、スコープで見てみましょう。

 

ゆうらく
うわ~、結構シュールな画像ですね。なんだか痛くなってきた。
なお
あら~、これナイフ形の三角形の歯ですね!ナイフ形はダメだっていう情報がありました~。これはダメです。歯は針型が良いようです。
ゆうらく
もう転がしちゃいました~(笑)。皮膚もスコープで見てみましょうかね。

なお
髭が写ってますね。どこにローラーの針が刺さったのか、これではまったく分かりませんね。
ゆうらく
そうですね、ちょっと試しにセロハンの上を転がしてみましょうか。

ゆうらく
このピンクの丸が付いているところが針の刺さったところです。倍率を上げるとこうなります。

ゆうらく
これと同じ倍率で撮った肌の写真です。先程の髭が見えます。

ゆうらく
髭のそばに赤い点がありますが、これが刺さって出血してしまったところかと思います。 スコープで周辺を見ても他にはこういう場所は見当たりませんでした。でも、ローラーを転がしたところは普通に見ると、ほんのりと赤みがさしています。こんな具合に、傷にならなければ慎重に使う手もありかなと感じました。とはいえ、美容皮膚科のお世話になりながらというのが基本でしょうかねえ。
ゆうらく
ちょっと、なおちゃんの肌もスコープしてみました。

うっ、きめ細かさがまるで違いますね。やっぱり女子の肌は違うんですね~。

さて、次のエンビロンは・・・

なお
今のところ、ACEオイル、モイストプラスのAブースト、これは2で十分とのことを確かめたいです。ヴァイブはDFP312も、それからCクエンスはクリームも併せて試したいですね。でも、まだ迷っています。
ゆうらく
ローラーもやれるといいですね。ちゃんとしたローラーを手に入れないとですね。でも、この記事を書いている今は世界中をコロナウイルスが襲っていまして荷物の運送が滞っているようです。慌てずに、ゆっくり試しましょう。

モイスチャー1スタートセット

モイスチャートーナー100mL

 

 

coen公式ファッション通販 ELLE SHOP(エル・ショップ) YOOX.COM(ユークス) AIGLE

-ビタミンA(レチノール), ビタミンC, ビタミンコスメ, ビタミンE, 美白,

Copyright© 美容と化学の楽しいコスメ トーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.