ビタミンC ビタミンE 保湿 手作り化粧水 美白

トゥヴェールの手作り化粧水/ビタミン化粧水

久しぶりに、トゥヴェールの手作り化粧水シリーズを使って化粧水をつくりました。これまで作ってきたR3とそのオイリーバージョン(試作)、もうひとつはヘアケア用のR8です。

手作り化粧水でスキンケア用ビタミン化粧水

ゆうらく
トゥベール手作り化粧品原料シリーズをブレンドしてスキンケア用ビタミンリッチ化粧水R3がなおぴょんに好評をいただいておりました。今回で絶賛リピート3回目となります。同じAPPS(高浸透型ビタミンC誘導体)を成分とする他の有名メーカー品に比肩する程のイイ感じ!ってことで、張り切ってつくりましたよ~。
手作り化粧水R3

手作り化粧水、肌用R3

なお
さすがゆうらく氏、そろそろなくなってるって分かりました?
ゆうらく
大体100mLひと月ですよね。トゥヴェールもひと月くらいで使い切るのがいいって言ってますから。でも、ちょっとそのペースより速いですかね(笑)!
なお
いいんですよ~だって。肌が柔らかくなる感じがあります。しっとり、くっきり、明るくなります。
ゆうらく
確かに、僕もずっと使っているんですけれど、つけた直後からのしっとり感は素晴らしいですよね。コスト的にも有名メーカーのものより3分の1以下で済んでますね。概算ですけれど。

保湿とすっきりオイリーなつけ心地のR3+

ゆうらく
シャンプートリートメントのトライアルを続けているうちに、
アロエベラエキスホホバ種子オイル
の事を知りました。

気が付いてみれば、DO-SトリートメントSP(下の写真)にも入ってるし、大好きなジョンマスにもたくさん使われています。

ゆうらく
なので、それをR3に加えてやりたいと思ったんです。
なお
アロエベラエキスとホホバ種子オイルってスキンケアに使えるんですか?
ゆうらく
はい、むしろヘアケア用というよりスキンケア製品のほうに広く使われている印象があります。
一応、期待できる効果ですが、
アロエベラエキスは火傷の薬になるくらいなので炎症の抑制など肌を整える効果ですね。保湿能力もかなりのものです。プロテオグルカン入れないでもいいかなっていうくらいです。実はアロエベラには他にも効果が知られているんですが・・・、これは別の機会に話したいと思います。ともかく、スーパーいいやつです(笑)。
ホホバ種子オイルは油なんですが油脂とは違います。さらりとしていてべとつかない性質です。肌への浸透性も高く、手に塗ると分かるのですが、短時間で皮膚に吸収されて見えなくなります。消えるオイルと言われる所以です。そして浸み込むだけではなくて柔らかくしてくれますよ、これは。

R3+のブレンド内容

①ビタミンE
②ビタミンC
③ヒアルロン酸
④ホホバ種子オイル

⑤アロエベラエキス
⑥母液(トゥヴェール補充液1袋)

安定した均一な化粧液となりました。濁りもありません。

R3もそうですが、R3+も自信作です(混ぜただけだけど(^^;))

ヘアケア用のR8です

ゆうらく
ビタミンEやCには、水と油を混ぜる界面活性があるようで、それのおかげでホホバオイルがうまく混ざっているようです。それなしでは乳濁してしまうかなと思いました。混ぜてみたら激しく発泡しましたが残念ホホバオイルが乳濁したまま分離してしまいました。そのまま使ってしまえばいいかなと考えたのですが、アミノ酸エッセンスにも界面活性があるので、加えてみました。放置すると分離しようとしますが、少しは混ざりやすくなって使いやすいかなと思います。


アミノ酸エッセンスを3mL加えました。☟

R8のブレンド内容(全量100mL)

①しっとり補充液(母液として防腐剤やブチレングリコール、グリセリンを含みます。)1袋
②アロエベラエキス 5mL
③ホホバ種子オイル 5mL
④トゥヴェールリペアエッセンス(セラミド)3mL
⑤トゥヴェールアミノ酸エッセンス 3mL

ゆうらく
今のところ、寝ぐせの残る髪の毛にスプレーして手櫛を入れるというシーンで使ってみましたが、あまりべとつかず(ほんのりと油感がありますので、次回はホホバの量を減らします。)髪の毛はしっとりします。手櫛を入れた手もそんなにべとつかず、むしろしっとり。スキンケアでも使えそう・・・。

以上、R3、R3+、R8でした。

R3+とR8の試用はなおちゃんにもお願いしてご報告しようと思います。
お楽しみに。

ビタミンC誘導体のトゥヴェール :トップメニューのスキンケア>原料シリーズ

 

-ビタミンC, ビタミンE, 保湿, 手作り化粧水, 美白,

Copyright© 美容と化学の楽しいコスメ トーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.